スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

これを使ってみたいのです

やっとRHODES Premierから新作が発売されたようです。

http://www.rhodes-premier.com/neve_piano.html

発表されたのが去年の秋頃だったと思うので、もう半分あきらめていましたが、
待ってただけあってさすがのクオリティーだと思います。

個人的に愛用してきたピアノ音源の変遷をざっくり。
GMega→nanopiano→PROTEUS2000(HolyGrail)→KONTAKT
GMegaはまだ高校の頃で、初めて買ったモジュールでした。当時のGM音源といえばSCとかが
主流だったけど、ピアノの音に関してはGMegaの方が僕の好みだった気がします。
当時新品で7万近くしたんじゃないかしら。これと一緒にQ-80EXっていうシーケンサーを
買って貯金が一気に無くなりました。Q-80はその後中古で売ってしまったけど、GMega
は今だに所有してます。使ってませんが。
その後、やっぱりちゃんとしたピアノ音源が欲しくて買ったのがnanopianoで、
これはびびった。もう次元が違う感じ。でも今聴くと違う意味で次元が違う・・・
その後大分して、知り合いのマニュピレーターの方に「これがあればピアノを生で録る
必要無し!!」とまで勧められたPROTEUS2000を購入。ダンパーノイズまで再現してて、
とにかくハイファイでリアルだった記憶がします。気軽にすぐ弾けるピアノ音源が欲しい
なぁと思って、この前久々にひっぱり出してみたら、中途半端にハイファイで創作意欲が
失せます。
その後はサンプラーをハードからソフトに乗り換えてしまったので、KONTAKTでいろいろ
試してます。メモリーの制限がなくなったのでどの音源も豪華でリアルなんだけど、
ほんとに欲しい音源ってリアルな音じゃなくて、それが音楽的であるかどうかだと思う
最近。

個人的に欲しいピアノ音源
・過度なステレオ感がない
・低音が重すぎない
・マイクが近すぎない

みたいなのが欲しいなぁと思ってたので、RHODES Premierでピアノ音源を作ってると
知った時は期待せずにはいられませんでした。デモが公開されてますが、やっばり
音楽的なブログラムを作る方だなぁと脱帽です。
なんというか、使い手が自分の使いたいものを作ってるみたいな。そんでもって
ついでにそれを販売しちゃってるみたいな。

KONTAKT版が早く出ないかなぁ。




2009.06.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。